琵琶湖へ行ってきました。

カウンセリング 滋賀 沖島


●琵琶湖へ行ってきました。

第三回目の食と農の講座を受講してきました。

今回は、神の島だった無人島。現在は、350人ほどの方が暮らしていらっしゃる沖島へ行ってきました。

淡水湖に浮かぶ島に人が住んでいるのは、日本では沖島のみ。

歴史もある沖島から琵琶湖の漁業について、お話をお聴きしてきました。

セタシジミ・ビワマスなどといった琵琶湖固有種によって、独自の食文化が発展してきました。(鮒ずし・コアユの佃煮など)

お話をお聴きし、琵琶湖の現状を知り、琵琶湖のめぐみの素晴らしさに気づく時間でした。

沖島は、コンビニや喫茶店がないので、ゆっくりとした時間の流れを感じます。

慌ただしく過ごすこと。充実さと捉えられるのかもしれませんが、ゆっくりとした生活の流れ、現代社会人にとって必要な時間の流れなのかもしれない。と、思う1日でした。

カウンセリング 滋賀 沖島 ランチ