選ばれる7つの理由

カウンセリングフォレストが選ばれる7つの理由

1、 お一人おひとりのお話をじっくりと聴いてもらえる

完全予約制、1日3名限定の女性のためのカウンセリング
1日3名限定ですので、次のお越しの方の心配をすることなく、じっくりと話せます。また、カウンセリングフォレストでは、言葉にならない非言語も大切にさせていただくため、対面カウンセリング重視のカウンセリングです。現在のところ、電話カウンセリングやメールカウンセリングを行っておりません。60分コースもありますが、90分以上のコースをご希望されることがほとんどです。

2、 短期間で解決する、問題解決型のセラピーだから

未来志向を前提に、「感情の解放」やあなたを縛っている感情にも寄り添い、インナーチャイルドの癒しなどにより感情の解放してくことができます。
聴くだけではないので、回数が比較的に少なくてすみます。

カウンセリングフォレストが主体としているカウンセリングは、ブリーフセラピーといいます。別の名を、短期療法ともいい、できるだけ短期間で問題解決をするアメリカで生まれた最新の心理療法です。

今までは、原因を探るカウンセリングが主流でした。

しかし、それは、過去の触れてほしくない傷をよみがえらせてしまい、かえって問題を深刻になってしまうとも考えられます。過去の経験や、考え方をも否定し、こらからの自身を作り出す勇気も必要としたのです。自分自身にないものを作り出すのですから、時間もかかり、継続し続けなければなりません。

それは、無理が生じ、また、反動がおそうとも考えられるのです。

原因を追究することや1つの療法でセラピーをするのが悪いと言っているのではありません。

短期間で効果的に効率的に問題解決することを主旨としているブリーフ・セラピーでは、足りない部分を補足したり、矯正する従来のカウンセリングではなく、本来の持っている力や可能性を見出し、それらを活用しながら、その方の状態に応じていくつかの心理療法を組み合わせながら、カウンセリングを取り組んでいるのです。

現在・未来に焦点をおき、早期(ブリーフ)に、問題解決を目的にしているブリーフセラピーの考え方を取り入れ、型にはめ込むのではなく、あなたの気持ちや個性を大切にしてカウンセリングを行います。

3、 心理セラピストが元保育士だから

保育士、教諭、教師、看護師、介護士といった対人援助職者に好評!

心理セラピスト自身が、15年保育士として勤めてきています。その保育士として、こども(園児)たちと関わる中、保護者対応や職場の人間関係など感情労働でのしんどさを経験してきていますので、その理由から保育士、教諭、教師、看護師、介護士といった対人援助職者に好評をいただいております。

4、12年間の心理カウンセリングの実績(2016年10月現在)

5、厚生労働省が推進する心とからだの健康づくりの指導者である

心理相談員が運営する心理カウンセリングでもある

心理相談員とは、、厚生労働省 労働基準局所管、 中央労働災害防止協会が認定する労働安全衛生関連の公的資格の名称であり、およびその有資格者のことを言います。
職場のメンタルヘルス対策に必要な知識を学ぶとともに、心身両面に配慮した健康づくりについて理解し、 働く人のストレスに対する気づきの援助やリラクセーションの指導を中心としたメンタルヘルス教育や、 相談対応に必要な技法を学びます。なお、3年ごとに更新が必要であり、その間には研修は必要となる。

6、 安心感が持てる

予約の際に、心理セラピストの声を聴いてホッとする。とお声をいただくことが多いです。
お客様のお声をご覧ください。

7、利便性

大阪駅より徒歩4分。雨の日も地下を通ってアクセスすることができるので、雨に濡れることなく行ける。
JR線、阪急電車、阪神電車、地下鉄各線からも徒歩圏内

※カウンセリングフォレストは、常に多くの方々に安心して質の高いカウンセリングを受けてもらえるように、定期的な教育研修の受講を義務づけて、さらなる心の在り方や技能や資質の向上に努めています。

お客様のお声
相談内容とメニュー
予約について
お申込み

無料メール講座

自分自身を受け容れ、こころ豊かになる5日間無料メール講座

姓 * 名 *  
メールアドレス *
コメント

*は必須入力です