読むカウンセリング

相手と関わることは、自分と関わること!

相手と接するときに大事なこととして、自分にさまざまな感情を持ち合わせいるように、相手にもさまざまな感情があるということです。

文章にし、読むと、たいていの方は知っていらっしゃることだと思います。

ですが・・・。

人と関わっているその瞬間は、一面で全てを知ろうとしがちかもしれません。(決めつけてしまう)

短期間で、ポイント的に捉えることはできるかもしれませんが、短期間だけではなく、長期的に相手と接し、さまざまな角度から相手のことを理解しようとする気持ちを持つことも大事ですね。

逆視点から言えば・・・。

「1回会っただけで、全てあなたのことを理解しました!」と言われたいかどうか。。。

人(相手)と関わって、思い違いをして、話し合って、そして、理解しあえる仲。

そして、人と関わることで自分のこともより知る機会になっているはずです。