読むカウンセリング

初めて会う人と話すの苦手な方へ

人間関係を培っていく、その前に、

その人と会話する機会があるはずです。

人の紹介だと、話の流れが流れやすくなるでしょうが、

全くの初対面。でも、何かはなさなくちゃいけないようなとき。

具体的にいうならば、

ビジネスだと交流会。

プライベートだと、保護者会や役員会の初日。

「何を話そう」と思うかもしれませんね。

何を話そうと思うと、余計に冷や汗がでそうになる。

これでは、当人自身が辛くなるのみです。

相手と自分の共通点を探すことで、

親近感が持ちやすくなります。

ですから、まずそこを切り口にして

話しかけてみましょう。

【シンプルに伝えてみよう!】

●シンプルに伝えてみよう!

初対面のときや、ちょっと相手と思いのズレになったとき、

「(相手)どのようにおもっているんだろう???」と、気になるものの、

なんどか、どのように言えばいいのかわからなくなってしまうかもしれませんね。(※比較的、大人になればなるほど、なんだか言いずらかったりするかも・・・・。)

で・・・。

これが、互いともおもっていると(いい言葉でないかもしれませんが・・・。詮索して合っていると)

「ますます、どのように思っているのが気になる」

どのように思っているのか?→関心がある。ケンカになってしまったのであれば、仲よくなりたい。元に戻りたい。と、思っている気持ちもあるのでしょうから、

その気持ちを、言葉に乗る。→自分の気持ちを素直に表現する。

初対面のときや相手と思いのズレが生じた時こそ、シンプルに、伝えることが大事かもしれませんね。