読むカウンセリング

●健康管理と人間関係

健康を整えることが、人間関係とどのように関係があるのか?

あえて不健康になろうと思うことは少ない。というより、ほとんどないかと思うんですね。

健康でいたいと思うものの、我慢してしまうタイプの方だと、そのことが自分の内側へため込み、表情がかたくなになってしまうかもしれません。

また、日々元気で過ごしているかのように思えても、連日、接待が続いていると、不規則な生活になりやすい。

すっきりとしない状態が続くと、→表情・雰囲気に現れてしまいやすいでしょうし、

その状態で、人と関わると、フトしたところで、思い違いをしてしまったりするとも考えられます。

体調が健やかなときって、笑顔がおのずとあふれているでしょうから、相手も接しやすいでしょうから・・・。

●時間が必要な場合もある!

相手と出会って(初対面)、受けた印象で相手を見ていく、接していくこともあろうかと思います。

第一印象で、いい印象であり、かつ、風通しのいい関係性であるならばいいのですが・・・。

第一印象で、マイナス的な印象を持ったからと言って、相手の関係性がもうダメであるとは限らないはずです。

第一印象で、捉えた印象は、1面に過ぎないはずですし、場合によっては、その時に限って、いい面が見れずという場合もあるかもしれません。

また逆に、いつもの自分らしくないことが相手に映ってしまうことも考えられますね。

第一印象も大事ではありますが、人は、速いか遅いかはわかりませんが(その人の成長速度により)、変わっていくこともあるはずであり(成長していく)、つまりは、互いを理解していこうとするのに、時間が必要な場合もあったりもします。

また・・・。

第一印象が悪いからと言って、もうダメだ!と思うかもしれませんが、そのダメというのは、どのようなことに対してそのように思うのか?と自問すると、自分にとって大切にしていることが見えてくるかもしれません。

起こることに、何かしら意味があったり、自分をどんどん知っていく機会だと思うと、悲しんだりへこんだりすることが薄れるかもしれません。