人間関係悩んでいるならばシリーズ10

人間関係悩んでいるならばシリーズ10

夫(夫婦の問題)、仕事での人間関係、師弟関係などなどの人間関係において、

「裏切られた・・・・。」ということを思うことがあるかもしれませんね。

当人が被害者モードの思考になり、そのように捉えてしまうこともあるかもしれませんが、第三者から見て、「それは、裏切り」と、思えることもあるかもしれません。

どちらにせよ、当人にとっては、その現状は、心が痛く、辛く、相手に話せる状況ならば、それらについてを話し合えるでしょうが、そうではない(話せない)状況だと、ただただ落ち込み、涙ばかりがでてくる状況かもしれません。

そのようなとき、感情の方向性として、

・相手を攻める。

・自分を責める。

どちらかのことが考えられます。

人の感情・それに伴い行動として、そのようになってしまうことありえることだと思うんですね。

なぜなら、行き場のない感情を落ち着かせよう、答えを見出そう、スッキリさせたい。と、思う根底から・・・。

ですが・・・。

行き場のない感情を落ち着かせよう、答えを見出そう、スッキリさせたい。

相手を攻める。もしくは、自分を責める。と、

ケンカになる。もしくは、相手に逆ギレされる。

ますます自己嫌悪に陥ってしまう。

と、言ったパターンに陥ってしまいます。

解決策を見出せば、悩みは解決できる。と、思うかもしれませんが、

心が痛んでいる自身の感情にとことん耳を傾けることが大事です。

そして、そのときさまざまな感情が湧き起り、もしかすると、(二次的に)自分を責めたりするかもしれませんが、

「責める」のではなく、「態度を変える。」ことも大事になっていきます。

「態度を変える。」と、書くと、漠然としてしまうかもしれませんが、

自分にとっての幸せはどのようなことなのか?

自分ができることはなにか?

どのようなされるとイヤなのか?

そして、NO(イヤ)ということを怖れずに言える自分がいるかどうか?

分かってほしいことは、どのようなことなのか?

これからどうしたいと思っているのか?

などなど・・・。

これらのことを相手に伝えるとき、相手の反応として、寄り添うと思うかもしれせんし、もしかすると距離が離れる(別離)になってしまうかもしれませんが、

うまくいくことを信頼をし、前に進む勇気を持つことも大事になってきます。