読むカウンセリング

人間関係の悩みで疲れている方へ

人間関係で悩み、疲れた。と感じているならば、相手と会っているとき、会話をしているときの自分を今一度、振り返ることも大事かもしれまん。

どのような、状況で、どのように表現をしているか・・・。

これまでにも、書いてはいることですが・・・。

一人ひとり、これまでの過程が異なります。ゆえに、上記のことだけを考えればいいのではありませんが、ありがちなこととして、

仲よくしなくちゃいけない。

ケンカはしてはいけないこと。

相手に気に入れられなくちゃ。

我慢や無理をしていないか?

という流れになっていなかどうか?を振り返ってみることも大事になります。

人間関係で疲れているときって、人との関わりが濃くなっている。あるいは、身近すぎて近距離にいている状態とも考えられます。

濃くなったり、近距離にいることで、分かり合えることもあるのですが、そうでないのであれば・・・。

上記に書いたようなことへと考えらます。

我慢してしまった。ということが悪いことでもなく、むしろ、相手を配慮できる、その方のよさがあることですから・・。

ただ・・・。

できることならば、我慢せず、相手と関われたらいいですよね。

それには・・・。

まず、自分を見つめ直すことが大事になります。って、書くと・・・。

・あのとき、~って、やっぱり言えばよかった。

・どうして、いつも同じことばかり繰り返してしまうのだろう。

・やっぱり、自分のこと好きになれない・・・。などなど。。。と、思われたかもしれませんが・・・。

自己批判をするのではなく、

・笑顔になるときって、どんなとき?

・楽しいと思うときって、どんなこと?

・美味しいものをいただくときって、どんな気分?

・時間を忘れるぐらいに好きなことは?

・どのような状態だと安心するのか?

などなど・・・。と、いったことが大事になるのです。